トップ >  ニュース >  シェールガスで日本が変わる

シェールガスで日本が変わる

 今週の週刊経済誌ランキング1位は「週刊東洋経済」。特集内容は「シェール革命で日本は激変する」で、米国経済復活の最大の切り札とされており、これによって日本が受けると思われる大きな影響について触れられている。

 ◆1位 週刊東洋経済 シェール革命で日本は激変する
 1月22日号の週刊エコノミストでも「シェール革命の衝撃」として、塗りかわる軍事バランスやマネーフロー、米国復権のシナリオなど多角的な分析を行なっていた。これに対して「週刊東洋経済」は、高揚感に包まれる米国採掘現地の取材も交え、それらをさらに深堀りし
てレポートしてくれる。

 シェールガス・オイルは、シェール層といわれる地下数千メートルのナノレベルの岩盤の隙間に気体や液体で存在する。ほんの数年前まで、採掘は「不可能」と言われていた。それが、米国の中小企業が開発した水平掘りや水圧破砕技術によって採掘可能となり、エネルギー事情を激変させるインパクトをもつ存在に上り詰めた。

 ◆2位 週刊ダイヤモンド 売れる仕組み 集客の秘密
 最新のマーケティング術、最新の「売るための仕掛け」を一挙に紹介する企画。サブタイトルには「『よいもの』だけではダメ。『よい仕組み』を作って売る!」とある。「仕組み」のところが肝要だ。知っている人にはすでに古い手法もあるかもしれないが…。

 ◆3位 日経ビジネス インフラ クライシス
 1960年代の高度成長期に建設された橋や道路、トンネルなど、インフラの老朽化は急ピッチで進行している。笹子トンネルの事故も起こった。都内の主要道路の地下も、実は空洞だらけだという調査もある。

 ◆4位 週刊エコノミスト 円安加速
 加速する円安がテーマだ。題して「円安加速 1ドル=100円時代がやってくる」。主要ストラテジスト12人による「2013年為替レート予測」でいくと、年内は円安が続き、だいたい1ドル=100円程度の予測が大方だ。アベノミクスの金融緩和策とシェール革命が後押しするドル高ベクトルは揺るぎなく、このトレンドは確実だろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする