トップ >  ニュース >  安倍内閣のおかげでマクロファンドが復活

安倍内閣のおかげでマクロファンドが復活

 安倍内閣が誕生する直前の政局からの日本市場の動きを受けて、マクロ戦略のヘッジファンドが好パフォーマンスをあげている。

 英フィナンシャルタイムズによると、今の世界でも最も大きなトレンドが発生するとの読みから、マクロヘッジファンドが復活しているという。ハービンジャー、カクストン、ポール・チューダーなどの名前が挙げられている。

 一言でいえば、円売り、日本株買いという大きな流れに乗っている。

 次世代通信網の投資に大失敗したハービンジャーは瀕死の重体だったが、息を吹き返している。また、円売りを仕掛けていると言われるカクストンは、2012年の最後の2カ月は6%、今年に入ってからも4%となっている。チューダーも、昨年のラスト2カ月で5%、今年1月で4%となっている。

 調査会社ヘッジファンドリサーチによると、グローバルマクロ系戦略のヘッジファンドは昨年のラスト2カ月間で平均して3.5%のリターンとなっている。

 ブラックマンデーの空売りなどで知られるマクロのカリスマ、ポール・チューダー・ジョーンズ氏は、昨年後半に米アップル株を売却し、さらにこのほど約10年ぶりに新たなマクロファンドを設定している。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする