トップ >  メイク・マネー >  江副浩正氏、彷徨うリクルート株と消えぬ不動産への夢

江副浩正氏、彷徨うリクルート株と消えぬ不動産への夢

 先日、亡くなったリクルート創業者で元会長の江副浩正氏(享年76歳)。起業家として新たな時代を切り開いたが、「暗」の部分であるリクルート事件は主役亡きあとも歴史に、また人々の記憶に残る。あまり表に出ることのなかったが、芸術家のパトロンとして過ごした晩年、アンダーマーケットで放浪するリクルート株、不動産ビジネスへの野望などが浮かび上がってくる。

リクルートの近所に引っ越し

 世はバブルまっただ中にあった1986年、未公開のリクルートコスモス株が広く政界、官界にバラまかれ、当時の多くの有力政治家が受け取っていたことが判明した。史上最大級の疑獄事件ともなり、2003年、江副浩正氏は贈賄の罪で、懲役3年執行猶予5年の有罪判決を受けた。14年に渡る刑事裁判となった。

 リクルート株はダイエーに譲渡し400億円を得て、その資金を訴訟費用、さらには晩年の芸術のパトロン活動に充てていたという。判決後は「江副育英会」「ラヴォーチェ」で、自身が趣味であった若手芸術家の活動を支援してきた。

 実は江副育英会の所在地は、リクルート本社と約1キロほどの距離にあるが、2005年に自宅を東京・南麻布の高級住宅地から、リクルート本社に近い東新橋の高層タワーマンションに移している。

 こうした点でも、リクルートとの縁、あるいは因縁というものは切ることはできないようにさえ見える。その江副育英会が保有していたリクルート株で、現在でもアンダーマーケットで放浪しているものもあるようだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする