トップ >  ニュース >  港区の税収にも影響「金持ちの鉄則」

港区の税収にも影響「金持ちの鉄則」

 今週の週刊経済誌ランキング1位は「金持ちの鉄則」を取り上げた「週刊エコノミスト」だった。今週は、お金関連の特集が全体に多かったが、要注目は海外移住を取り上げたエコノミストだった。

 ◆1位 週刊エコノミスト 金持ちの鉄則
 同誌の読者層である、金持ちシニア向けテーマと思われる。さて、冒頭プロローグのタイトルに「富裕層は続々海外へ 東京・港区の税収にも影響」とある。住民税の支払い義務が生じる前に海外へと移住していく。1人減るだけで数億円の税収減となる例もないわけではない。

 ◆2位 週刊東洋経済 投資の新常識
 最近なにかと多い投資関連の特集。真新しさはないかもしれないが、「『株高』『円高』『横ばい』 全パターン必勝法」「割安株ランキング150」、そして「マイホームを賢く買う」ところまで、守備範囲を広くとってより汎用性が高くなっているかもしれない。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 相続・贈与 節税完全ガイド
 税制改革で変わる税金とその節税ノウハウを大特集。毎年恒例企画ではあるが、年末に『週刊エコノミスト』、そして2週前には『日経ビジネス』が扱った「相続税増税対策」だが、こちらの特集は規模が違う。相続税はもちろん、税金一式、まとめて面倒見てしまおう!という特集だ。

 ◆4位 日経ビジネス 中国と生きる道
 反日意識の高まりで、暴動や日本製品不買運動が起きた“厄介な隣人”中国。巨大市場
であるがゆえに、大手から中堅・中小まで日本企業が本格的に進出しているがゆえに、各社、「中国市場の果実を最大限に得つつ、リスクは最小化」していく戦略を踏み外してはならない。そういう企業の意識を汲み取る本特集のサブタイトルは「5つの『切り札』でしたたかに勝つ」というものだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする