トップ >  メイク・マネー >  「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

治療よりもQOL

 「さっさと死ねるように」発言に対して、反感をもつ人も多い一方、内心共感している人も多いのではないだろうか。日本の終末期医療を担う、日本老年医学会の立場表明に興味深い記載がある。

 「過少でも過剰でもない適切な医療、および残された期間の生活の質(QOL)を大切にする医療およびケアが『最善の医療およびケア』である」

 「QOLの高い状態とは、主観的な幸福感や満足感が高く、身体的に快適な(苦痛が少ない)状態」

 財政的見解を抜きにしても、本人の意志に反して身体的に苦痛を伴う医療/延命措置を行う事が、望ましい終末期医療ではないと専門家も言っているのである。ただ、麻生氏の発言からうかがうことができるように、現状では本人の意思を十分に反映する事なく、苦痛を伴う終末期医療が行われている現状がある。

 患者やその家族からすると、肝心の終末期医療が必要になった時には患者本人がしっかりと意思表示が出来ない状態になっている事が多いという現状がまず挙げられる。また、残される家族からすると、なんとか長生きして欲しいという願望があるのも理解できる。また、延命治療の中止という判断をする事自体も苦痛を伴うものである。

 そのため、患者の意志や苦痛よりも家族の意思が反映されて改善の見込みのない延命措置が行われている光景をよく目にする。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする