トップ >  メイク・マネー >  「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

医師は治療を勧める方が楽

 患者を慕う家族の気持ちは良く分かるが、長生きして欲しいと苦痛を伴う延命医療を強要しながら週に一度から月に一度程度しか見舞いにこない家族が多いのもまた現実だ。家族の気持ちの整理がつくまでの延命治療はやむ無しとしても、何年間も延命治療をしている状況は、さすがに気の毒でもある。

 延命治療により、ある意味「尊厳ある死」が得られないようになってくるからだ。また、積極的な治療を希望しないとして、終末期を安心して過ごせる施設が少ない現状もある。公立のホスピスなども徐々に増えてきているが、数年待ちなんて事もざらである。いざという時に安心して過ごせる場所が病院しかないのだ。

 医療従事者の立場からすると、患者に治療をしないことを薦めるのはひじょうに勇気がいる。たとえ現在の病気を治療したとして、二度と話すことも動くことも出来ないと分かっていても、病院に来た以上は治療をすることが務めという認識が大半の医師にはある。

 治療する方が楽という思いがあるのも事実。医師だって終末期のお看取りより、病気の治療の方が得意でありやり慣れてもいるのである。患者本人の苦痛がなく、また家族/親戚の精神的なケアもしながらお看取りする事は決して楽ではない。

 だが、終末期医療に精通している医師の数は多くない。だから老人ホームなどで状態が悪くなった高齢者がいるとすぐに救急車で病院に搬送する。自分で責任を取りたくないという心情も非常に理解のできるものである。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする