トップ >  メイク・マネー >  「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

「さっさと死ねるように」は正しいか? 終末期医療の課題

 「死にたいと思っても生かされると、かなわない」「さっさと死ねるようにしてもらうなどしないと」。社会保障制度改革国民会議での麻生太郎副総理兼財務相の発言が物議となったが、これは道徳面からの批判が大きかったが、医療を考える上では避けて通ることができない発言でもある。                         国立大学病院勤務医

タブー視されてきた議論


さっさと死ねるように 麻生太郎
 「長生き」「命を大切に」といった標語が現在の日本では掲げられる。

 「死」「如何にして人生の最後を終えるか」を語ることがタブー視されているかのようだ。

 麻生氏の発言だが、内容を冷静に解釈すると、「生きようと頑張っている人」の医療を中止しろ という意味ではなく、終末期の過ごし方に対してもっと自己決定権を与えようという意味である事は明らかだ。

 ここでは、財政面にはあまり触れないが、「無い袖は振れない」事は理解しておくべきだろう。現在は借金を重ねる事でなんとかごまかしているが、半永久的にこのような状況が許容されるわけがない。日本が医療に費やせる予算には限りがあるという現状を受け止め、その中で医療のどの分野にどれだけの予算を投じるかを真剣に検討すべきだ。

 「如何にして人生を終えるか」、そして望むとおりの終末期を送る難しさについて今一度考えてみようと思う。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする