トップ >  ニュース >  10年後にセクシーな職業とヤンキー

10年後にセクシーな職業とヤンキー

 今週の週刊経済誌ランキング1位は2030年の職業について特集した「週刊東洋経済」となった。各誌ともに強気の見通しな特集を組みたがる中、2030年の自分の仕事はどうなっているか、との問題提起を行っている。

 ◆1位 週刊東洋経済 2030年あなたの仕事がなくなる
 20XX年という書きだしで始まった特集は、グローバル化とIT革新により「仕事」が奪われていく様を描いていて面白い。タイトルは「2030年あなたの仕事がなくなる」だ。グローバル化は労働生産性を均等化し、技術革新は労働者の置き換えをする。このなかで特に中間層が「仕事」が奪われることとなり、実際に欧米では資格職があぶれている。

 それとは対照的に、今後注目される仕事や働き方も紹介。「10年後にセクシーな職業」だ。第2特集には、斬新なヤンキー層の攻略法。

 ◆2位 日経ビジネス アベノミクス
 毎週のようにアベノミクスを追いかけているが、今週は現状の評価と顕在化する問題点を指摘する内容だ。しかし、消費税増税について、鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス会長、原田泳幸日本マクドナルド会長兼社長らが賛否を語っている。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 新・株入門
 ちょうど1ヵ月前に「円安に乗る! 株・投信・外貨投資」と大きく円安特需を紹介したが、今号では「新・株入門 スラスラわかる!賢い投資術」として株をクローズアップした。積極的な投資家にとっては価値はないかもしれないが、小・中級者や知識として学びたい向きには丁寧な特集ともいえるからだ。

 ◆4位 週刊エコノミスト リフレの正体
 言葉が独り歩きしだすと、「リフレの意味」なんて恥ずかしくて聞けないという人も多いだろう。このデフレから脱却するための緩やかなインフレ策はエコノミストの意見を二分している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする