トップ >  メイク・マネー >  2つの帝国、1兆円の継承と消えた5800億円

2つの帝国、1兆円の継承と消えた5800億円

 米誌フォーブスが発表した長者番付で、日本国内では、ファーストリテイリングの柳井正氏が133億ドルで、唯一1兆円を突破し、4連覇を達成した。ビリオネアは全部で22人で新しい顔触れはなく、小売、ITが中心となった。1位の柳井氏は昨年から資産を移動するなど後継を見据えた動きもあり注目される。

今後の課題は1兆円の継承


1 柳井正   133億ドル
2 孫正義   86億ドル
3 三木谷浩史 56億ドル
4 森章    50億ドル
5 毒島邦雄  49億ドル
6 滝崎武光  43億ドル
7 高原慶一朗 33億ドル
8 伊藤雅俊  27億ドル
9 韓昌祐   25億ドル    
10 三木正浩  23億ドル
(敬称略)

 ユニクロのファーストリテイリングは2013年8月期の通期連結予想では、アパレル企業では初の売上高1兆円超えを掲げているが、達成そのものはそれほど困難ではないとも見られている。特に海外も1000億円以上となり、伸びシロの大きさからも期待できそうだ。

 そんな中で、唯一の悩みとも言うべきなのが、自らの後継者。かつては外部から玉塚元一氏を招へいし社長に。退任後は自らが社長を兼務し現在にいたっている。
 
 「後継者の世襲は絶対にない」と宣言してきたが、柳井氏は64歳を迎え、昨年は長男の一海氏が執行役員に。そして二男の康治氏も入社した。

 実は2人の入社と前後して、資産の移転も行っているのだ。一部をオランダ籍の資産管理会社に移したことは、当時も話題となったが、配当課税の増税を見越してのものだとも言われている。一族合計で45.77%と比率は変わっていない。

 1兆円を超える資産、今後の継承の方が頭を悩ます課題となる。

柳井正  21.67%
柳井照代 2.19%
柳井一海 4.51%
柳井康治 4.51%
(有)ファイト&ステップ 4.48%
(有)マスターマインド 3.40%
TTYマネジメントBV 5.01%
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする