トップ >  メイク・マネー >  【海外不動産】マレーシア不動産は本当に買いか? 利害関係者大激論

【海外不動産】マレーシア不動産は本当に買いか? 利害関係者大激論

 マレーシア不動産熱は相変わらず異様な盛り上がりを見せている。「3.11」以降にさらに動きは加速し、最近マレーシアの第二の都市でシンガポールとの国境の町、ジョホールバルで売り出されたある高級コンドミニアムは、契約者の40%近くが日本人だったという。しかし、果たしてマレーシア不動産はそんなに買いか? 本当に儲かるか? 失敗はないのか? 不動産関係者、現地に住む在留邦人や現地の華僑ら関係者にその本音を聞いてみた。

「マレーシア不動産は割安」


マレーシア 不動産
 「マレーシア不動産が割安だというのは、海外と比較すると分かりやすいんです」そう語るのは、マレーシアに限らず海外の不動産投資に詳しいU氏。

 「マレーシアの物件価格は香港の約8分の1シンガポールの約6分の1。タイのバンコクに比べても首都クアラルンプールは格段に安い。一人当たりのGDPがマレーシアよりずっと低いベトナムのホーチミンよりも安いんですよ。マレーシアの不動産はまだ過小評価されてますね」と説明した。

「リンギッドは人民元の次に持つべき通貨」

 為替益を期待するのは、マレーシアに移住して3年、3軒以上のマレーシア不動産を購入済みのB氏。「僕は物件価格の上昇はもちろん今後マレーシアリンギッドが上がることでの為替益も期待してます」と続けた。

 実際2013年に入り、リンギッドは対円に対して2~3割上昇してる。B氏は一般人だが金融関係者にも「リンギッドは人民元についで持つべき通貨」という持論を持つ人は多い。リンギッドはかつてはドルペッグで現在ではシンガポールドルと人民元とのペッグを強めている。また資源国家で貿易黒字国であるため、将来的に対ドルに対して通貨の切り上げが求められやすい。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする