トップ >  メイク・マネー >  南青山3丁目「地上げ物件」落札者は「村上ファンド」だった

南青山3丁目「地上げ物件」落札者は「村上ファンド」だった

 東京都心部で地上げ騒動などがあったとされる「南青山3丁目」の約2500平方メートルの一等地を競争う入札が行われ、旧村上ファンド系の不動産会社が落札したことがこのたび分かった。

衆院議員が脅迫されたアノ土地



青い部分がUR占有地で、茶色が共有地。
これまでは、いびつな形が嫌われてきた
 都内でも指折りのスタイリッシュな街並みである南青山3丁目の青山通りに面した一等地に眠る約2500平方メートルもの土地。現在は駐車場や、未使用地、私道などが入り組んだいびつな形の広大な土地が「空き地」となった、異様な光景が現在でも続いたままとなっている。

 権利関係が複雑な上に、入口の間口が狭くなっていたり、飛び地があったり、広いのだが、いざ開発をするとなると困難な地形ではある。虫食いの土地には民家が残り、壁にツタが巻きつき、ちょっとしたバリケードで囲まれるなど、「闘いの跡」らしい生々しいものを感じさせる。

 ここの地上げの歴史は80年代のバブル期から続き、その後は外資系企業の手に渡り、「地上げ」報道がなされ、2006年には、衆議院予算委員会で質問した糸川正晃委員(国民新党)が後日、脅迫されるという事件にまで発展した、いわくつきの物件だ。

 それだけにこれまでの入札は困難を極めており、入札なしで終わってきた。だが、東京の不動産市況にバブルが到来しそうな雰囲気の最近、ついに落札者が現れたのだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする