トップ >  ニュース >  ブラック企業特集でユニクロ柳井正会長が反論

ブラック企業特集でユニクロ柳井正会長が反論

 今週の週刊経済誌ランキング1位は「日経ビジネス」で、ブラック企業を特集した「それをやったら『ブラック企業』」。巷ではブラック企業との評判が立っている、アノ企業の創業者も登場している。

 ◆1位 日経ビジネス それをやったら『ブラック企業』
 ついに経済誌でブラック企業が特集されるほどで、「ブラック企業大賞」も毎年発表され、就活生は注目している。ブラック企業と注目されている、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長がインタビューに答えている。

 「『ブラック企業』という言葉は、旧来型の労働環境を守りたい人が作った言葉だと思っています」と答えている。

 ◆2位 週刊東洋経済 クルマは日本を救えるのか
 トヨタの場合、円安に触れるのは切実な意味をもち、対ドルで1円円安に振れると350億円の営業増益となるから、仕方がない。このような状況で「クルマは日本を救えるのか」と題して、日本自動車産業の底力を語った。

 ただし、クルマの特集はなかなか売れないのが業界のツネだが…。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 今、買うならこれだ! 得マンション
 「今、買うならこれだ!」というお得な買いどきマンションの特集。不動産価格が上がってきているタイミングを狙ってなのだろうが、本誌は1ヵ月前に「不動産マネー」を扱っている。

 その際は、日本不動産を狙う海外投資家を紹介していたが、今回は一般家庭という視点。富裕層→投資家→外国人→ファミリーと、低迷していた不動産取引きが活発化してきた証拠と言えばそれまでだが、あざとい気も。


 ◆4位 週刊エコノミスト 円安株高
 週刊エコノミストの特集タイトルは、いつも素っ気ない。ちなみに、サブタイトルは「異次元緩和が牽引する熱狂相場」で、こちらの方が食い付きがいいような。

 内容は、円安株高の専門家陣による予測特集。堀江貴文・元社長も登場し、「投資は余裕資金で行なうのが鉄則」と語っている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする