トップ >  メイク・マネー >  1億円以上失った投資家が続出?のMARS投資

1億円以上失った投資家が続出?のMARS投資

 米国の診療報酬請求債を運用対象とした「MARS」(マース)投資を募集する、MRIインターナショナル(東京・千代田区)の預かり資産約1300億円の大半が消滅している可能性が浮上した。すでに証券取引監視等監視委員会も調査を行っており、金融庁は行政処分を行った。また、「プラチナコース」と呼ばれる投資金額が1億5000万円以上の個人投資家が多数存在することが判明し、被害は甚大だ。

元利保証で年6%~


MRI MARS投資
MRIの事務所が入るビルの前に集まった報道陣
 MRIインターナショナルの預かり資産約1300億円が消滅との報道が26日の朝刊各紙で出たことから、早朝から東京・永田町の同社事務所には、数十人の顧客が集まった。しかし、オフィスの扉には「本日の営業は終了しました」との張り紙を残したまま、誰もいなくなっていた。電話もすでに前日からつながらなかったという。

 なぜ1億円以上もつぎ込む投資家が数多く存在していたかというと、日本の金融商品にはない高い利回りだ。「MARS(マース)」投資という名の商品で、150万円の少額から投資が可能で年利は6%以上。さらには、長期で回せば9%前後の時もあるという信じられないような利回りだ。これが10年以上継続しており、しかも、これが元利確保を謳うのだから、8000人以上が投資しているように騙される人が出るのも当然か。

 この日、ニュースを知り、オフィスへ慌てて駆けつけたという初老の男性は「去年、自分が満期になった時に、7%以上の配当が出ることになっていました。しかし、会社に電話すると、アメリカの法律が変わったとか何とかで、待ってほしいと、そればかり言われました」と話す。

 まさしく、新たな投資家から募った資金を既存顧客の配当に回す、自転車操業によるタコ足配当が行われていた可能性が疑われる。こうした、投資家からの声に、日本の証券取引等監視委員会も関心を寄せていたようで、今春に会社設立以来初めて立ち入り検査が入った。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする