トップ >  メイク・マネー >  破綻するブラック企業の楽しみ方(6)

破綻するブラック企業の楽しみ方(6)

第6回 社員が再建会議で提案した役員刷新案

 業績悪化で人心が荒廃しつつある企業で、綱紀粛正を図ろうとして管理強化にのぞんでも、多くの場合は面従腹背を避けられない。ふだんから人心を掌握し、いわば同志の集団を形成していればまだしも、人望を得ていない経営者や幹部が凡庸な言葉を並べ立て、やれ理念だ、ミッションだ、想いだと唱えつづけたところで、社員の心には落ちてこない。(経済ジャーナリスト・浅川徳臣)

社長の涙の訴え

 ある中堅広告代理店は2期連続の赤字決算を受けて、全社員を集めて決起会を開いた。社長は壇上で涙を流して再起を訴え、会の最後には全社員が拳を突き上げて檄を飛ばしあったが、全社一丸の求心力は生まれなかった。実力主義人事のもとに社員を消耗品のように使い捨ててきたため、相当数の社員が当事者意識を失い、経営危機を対岸の火事のように傍観していたのだ。

 社長の涙に胸を打たれた社員も少なからずいたが、多くの社員に奮起を促すことはなかった。「年がら年中、社員を怒鳴り散らしていたので、感情の起伏が激しい人なんだなあという程度に受け止めた社員が多かったようです」(同社員)

 これだけで済めばよかった。だが翌週の全社朝礼で、常務の口にしたひと言が社員をしらけさせてしまったのだ。「社員一人ひとりが、社長が流された涙を自分の問題として受け止めてください。社長に感情移入できない社員はわれわれの仲間でありません」。

 それ以降、社内各部門の朝礼で、この会社の理念とミッションが解説された『スピリッツブック』が輪読され、当番の社員はみずからの経験をミッションに当てはめて捻り出した教訓と、今後への決意表明をすることになった。精神主義はメールにも現われる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする