トップ >  ニュース >  今からでも間に合う週刊経済誌まとめ読み

今からでも間に合う週刊経済誌まとめ読み

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、「社長の発信力ランキング2013」の日経ビジネスだった。連休は終わったものの、なぜか合併号だが、総合ランキングは昨年と顔ぶれは同じだが、読めば納得できる。東洋経済、エコノミストの2誌が不動産の特集を組んだ。

 ◆1位 日経ビジネス 社長の発信力ランキング2013
 独自の手法で企業トップの発信力を数値化した特集で、登場する社長をコミックタッチのイラストレーションで紹介するなど、工夫も凝らしている。

 孫正義、白川方明、柳井正、豊田章男、三木谷浩史の各氏は、同じ顔ぶれだが、社長という枠にとどまらない「社会性」が発信力に繋がるとして、独自の方法で発信力を高める社長も紹介していることがおもしろい。

 ◆2位 週刊東洋経済 不動産2極化時代
 昨今のアベノミクスがらみで不動産特集が増えているが、今回はアプローチを変えて、下落するマンションもあることを伝えている。

 マンション編とオフィスビル編に分けられているが、どちらにも起きている。例えば、マンションで顕著なのは、都心への逆流。1980年のバブル景気では、一戸建てマイホームが理想で都心から郊外への勢いが強かったが、しかし、今回のバブルは真逆となった。

 ベッドタウンの価値が下がり、品川や麻布十番は上がっている。この辺は「マンション価格 総まくり500駅」というデータで確認できる。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 仕事消失時代に生き残るビジネスマン
 ミドル世代の受難の状況にスポットを当てている。頑張って働いてきたが、変化の波から逃げ切れない。それがミドル世代。そんな彼らの仕事が消える理由は5つある。

 定年よりも前に、大きな変化が来てしまったが、「40歳から始めよう キャリアチェンジの心得」を指南している。

 ◆4位 週刊エコノミスト 不動産は未体験ゾーンへ
 東洋経済と特集が被ってしまった。不動産市場の先行きを読んで、相続にも活かそうという特集だ。

 ビッグデータを使った分析や世界不動産マネーの動きなどマクロな視点でひも解いている点が東洋刑事あとは違い、相続編も併せて特集しているのも同誌らしい。8個の「知って得する相続ノウハウ」を中心に据えた、使える節税は一読の価値ありか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする