トップ >  クオリティライフ >  JRA馬主登録要件緩和で、馬主数は増えるか

JRA馬主登録要件緩和で、馬主数は増えるか

 JRA(日本中央競馬会)の馬主は大きな社会的ステータスシンボルだが、馬主数減少を見かねたJRAが今年から個人馬主登録要件が緩和したが、今年以降、馬主の数は増えるのだろうか。

登録数は2256人まで減少


ケンタッキーダービー
今年のケンタッキーダービー
 個人馬主資格は所得が2年連続1700万円(昨年まで1800万円以上)、資産額は7500万円以上(同9000万円以上)となった。抜本的ではないものの、条件緩和に踏み切ったこと自体に、強い危機感が感じられる。

 というのも、バブル期には馬券の売り上げがウナギ登りとなり、人気絶頂時の92年には馬主登録者は3070人となったが、これが最高。それ以降は緩やかな下降曲線を描いており、下落が止まらなくなっている。最新の登録者数は2256人(今年1月1日現在)となっている。

 馬券を購入しれくれるファンも大事なのだが、生産者から馬を買ってくれ、厩舎に馬を預けて、レースで走らせてくれる馬主がいなければ、競馬が成り立たなくなるから、これも当然の措置かもしれない。

 競馬界とは、かつては豊かな世界で、新人騎手でも1年経てばベンツなど高級車に乗っていたこともある。ただ、今は廃業をする調教師、騎手も出てきたりするほどだ。また、馬主でも
不幸な末路を辿った人もいる。

 だが、ある元調教師は「調教師よりも馬主の方がええなぁって考えたこともあるぞ」と語るほどだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする