トップ >  メイク・マネー >  パナソニック社長の決算発表欠席、英断か責任逃れか

パナソニック社長の決算発表欠席、英断か責任逃れか

 5月10日、パナソニックの2013年3月期決算発表の会場に、津賀一宏社長の姿がなかったことが波紋を広げている。本決算と中間決算は、“トップ”自らが説明するのがパナのしきたりだったが、「予測と同じ決算だったので社長が出席する必要がないと判断し、過去の慣例と決別したかったのでは」(在阪経済記者)との見方がある一方で、「責任からの逃避」(50代パナ男性社員)との批判も出ている。

社長出席が慣例だが…


パナソニック
パナソニックの津賀一宏社長
 メーンの発表会場は東京で、説明者は河井英明常務だった。内容は、すでに発表している予測とほぼ同じ。収益が見込めない事業の減損処理などを行ったことで7542億円最終損失、前期の7721億円に続く巨額の赤字だった。

 一方、大阪での説明者は広報担当役員。東西ともに社長が姿を見せなかったことに対し、一部の記者が問いただしたというが、担当役員は「社長が説明するきまりはありませんので…」と濁したという。

 古くからの慣例を知る記者は、「中村邦夫さん(前々社長)以来、社長が本決算、中間決算を説明するのがパナのしきたり。よくも白々しいことを言う」と担当役員を批判したが、津賀社長に対しては「しきたりそのものを変えたかったのだろう」と理解を示した。

 証券アナリストも、「昨年秋に2期連続で7000億円超の最終赤字になることを表明したのは津賀社長だったし、3月の中期経営計画も社長が説明している。今回発表した本決算発表と2014年3月期の予測は、すでに社長が説明したものとほぼ同じだから、説明責任の面では出る必要がないと判断したのだろう」と見た。

 実は、トップが出ない本決算発表に動揺したのは、パナ社員だった。パナ関係者はこう話す。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする