トップ >  メイク・マネー >  不動産価格上昇で注目の家賃削減代行サービス「フューチャーアシスト」

不動産価格上昇で注目の家賃削減代行サービス「フューチャーアシスト」

 会社経営をしていて頭の痛い問題の一つが経費の削減だ。とくに事務所や店舗などを借りている場合、毎月払わなくてはならない家賃の負担は経営に重くのしかかる。月20万円の家賃で会社の営業利益率が5%だとしたら、その家賃分を賄うためには毎月400万円の売り上げを立てなくてはいけない計算だ。そこで急速に伸びているのが家賃削減代行サービスで、そのパイオニアともいうべき存在なのが、2003年10月に稲葉一雄氏が起業したフューチャーアシストである。

13%の値下げに成功した例も


フューチャーアシスト
フューチャーアシスト稲葉一雄社長
 「設立2年目に40数カ所の拠点を持つ歯科クリニックから依頼があって、トータル1850万円だった家賃を1610万円へ12.7%も下げることができたのです。その成功事例をホームページ上で積極的に紹介したことで、引き合いが一気に増えるようになりました。その結果、いまでは交渉実績は1000件以上に達しています。最近では家賃だけでなく、大きなスポーツ施設や介護施設の地代削減の交渉を依頼されるようにもなっています」

 そのように語る稲葉社長が削減交渉で得る成功報酬は、カットできた月額家賃の「6割×12カ月分」、つまり7.2カ月分を基準としている。たとえ1カ所当たりの面積が狭くて多少家賃が安かったとしても、先の歯科クリニックのように数がまとまれば大きな報酬につながる。

 稲葉社長は依頼者と大家さんとの人間関係を大切にし、周辺の相場を調べたうえで、無理な交渉は行わないように努めており、これまでトラブルになったことは一度もない。そうした自信があるからなのだろう、家賃が下がらなければ報酬を請求しない成功報酬制をとっている。

 ただし、アベノミクスでインフレ期待が強まって不動産価格が上昇するようになったいま、家賃削減代行サービスは逆風を受けているように思える。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする