トップ >  ニュース >  木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング、PB商品ばかりでつまらなくなった売り

木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング、PB商品ばかりでつまらなくなった売り場

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、流通の最善円を取り上げた「日経ビジネス」。「売り場」「品揃え」「接客」において画一化を壊す企業を紹介している。

 ◆1位 日経ビジネス 流通新勢力
 プライベートブランドを増やし、似たような売り場作りで商品を売る流通大手。そこに待ったを唱え、独自の手法で展開し成功を収める企業がある。特集では「売り場」「品揃え」「接客」において画一化を壊す企業を紹介している。

 例えば北九州市に本拠を置く地域スーパーのハローデイ。ここには「ハロリンピック」と呼ばれる、従業員の考えた陳列方法から新商品まで広く評価する社内コンテストがある。メリーゴーラウンドの様な「売り場」を自作し、来店客の足を止めたパート従業員が表彰されるなど、内容はユニークだ。2013年度は815億円の売上高を見込んでいる。

 ◆2位 週刊エコノミスト 景気の壁
 アベノミクスに立ちはだかる7つの関門を詳らかにする。7つの関門とは「制御不能な長期金利」、「輸出:限定的な円安メリット」「外需:頼みの中国は景気停滞」「設備投資:製造業に過剰感」「公共事業:人件費急騰」「消費税:増税が消す緩和効果」「地方経済:アベノミクス浸透格差」だ。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 投資マネー異常事態
 5月22日、バーナンキFRB議長がQE3の年内縮小を匂わせると、翌23日、日経平均株価は大暴落した。大規模金融緩和によって発生した"中央銀行バブル"で何が起きてどこに向かうのか、「彷徨う投資マネー」の行方を占う。「黒田緩和が迫るリスクテーク」と題し、機関投資家の現状を追う。さらに「熱狂する個人マネー」では、個人投資家の成功談と、円安により次のトレンドとなりつつある国内株投信が語られる。そして、2年後の日本の姿も。

 第2特集の「2040年 全国市町村 財政貧乏度ランキング」も興味深い。

 ◆4位 週刊東洋経済 マンション時限爆弾
 老朽化すると建て替えや修繕にお金がかかり、空室も増える。管理者や組合員が高齢化すると、滞納や機能不全を起こす。そして、負の相乗効果でタイムリミットが近づく。特集ではマンションが抱える時限爆弾を4つの切り口で解説する。

 第2特集は「成長戦略の隠し球 カジノ解禁!!」。澤田秀雄エイチ・アイ・エス会長はインタビューで、ハウステンボスの成功例を挙げ、九州誘致を強く推す。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする