トップ >  メイク・マネー >  億超え当然のバフェット昼食オークションの損得

億超え当然のバフェット昼食オークションの損得

 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏とのランチをともにする権利のオークションが終わり、今回の落札額は100万ドルだった。2000年の開始以来、最高額となった昨年の345万ドルから3分の1未満に減額。過去の落札者たちは、どんな目的で落札し、そして、何を得たのか、まとめてみた。

 直接的な利益につながったのは、おそらく2人だけだろう。

 2010、11年に当時としては最高額の262万6411ドルで落札した、テッド・ウェシュラー氏がまず挙げられるだろう。


2000年 2万5000ドル ?

2001年 1万8000ドル ?

2002年 2万5000ドル エドワード・ジョーンズ

2003年 25万100ドル デビッド・アインホーン

2004年 20万2100ドル ジェイソン・シュー

2005年 35万1100ドル ?

2006年 62万100ドル 段永平

2007年 65万100ドル モニッシュ・パブライ

2008年 211万100ドル 趙丹陽

2009年 168万300ドル サリダ・キャピタル

2010年 262万6411ドル テッド・ウェシュラー

2011年 262万6411ドル テッド・ウェシュラー

2012年 345万6789ドル ?

2013年 100万ドル   ?

 ヘッジファンド運用会社ペニンシュラ・キャピタル・アドバイザーズの創業者で、じっくりと投資対象の有価証券報告書など資料を読み込んで500時間以上の検討時間をかけるのがポリシーだという。

 バリュー投資家でもあり、バフェット信奉者。この2回のランチで意気投合したのだろう。バフェット氏の投資会社バークシャー・ハサウェイのポートフォリオマネジャーとして加わったのだ。まさかいっしょに働くことになったという初めてのパターンだ。

 年次レターで、2012年のリターンはS&P500の2倍以上のリターンをたたきだしたそうで、「わたしを追いやるほどだ」と称賛していたほどだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする