トップ >  メイク・マネー >  産科医が垣間 診る“女性手帳”の中身

産科医が垣間 診る“女性手帳”の中身

高齢出産は知識不足から来る?

 同会合では「妊娠・出産支援」の主な方策の一つとして「妊娠・出産に関する知識の普及、教育」 が掲げられており、その具体的施策として「生命(いのち)と女性の手帳(愛称別途検討)」の作成・配布を挙げている。この手帳を利用して「妊娠適齢期等妊娠・出産知識や支援情報等を記載するとともに、自らの健康データ等を記録 」するとしている。


女性手帳 少子化危機突破タスクフォース 産婦人科
「少子化危機突破タスクフォース」HPより
 なるほど この“女性手帳”により「妊娠適齢期等」の「妊娠・出産に関する知識の普及、教育」をすることで高齢出産の増加傾向に対して歯止めをかけたい! という事なのだろうと推測できる。

 ここで一つの素朴な疑問が脳裏をよぎる。

 「高齢出産が増えているのは、女性の妊娠・出産に関する知識が低下あるいは不足しているからなのか」

 自分としては高齢出産が増えている現状を、今までお会いした患者さん達の話を統合するに以下の3タイプに分けられるのではないかと勝手ながら推測している。

【1】20代での妊娠が望ましいことが分かっていても産休・育休 を取得することが難しいキャリアウーマンタイプ
【2】純粋に良い結婚相手が見つかったのが30代後半という大器晩成タイプ
【3】30代後半~40代でも妊娠・出産に影響がないでしょと思っている楽天家タイプ

“女性手帳”はこの【3】に該当する女性には有効に違いない。ただ、この【3】に該当するある意味 呑気な女性は “オヤジ” が考えるほど多くないのではないかと自分は感じるのだが、いかがであろう。

 恐らくは政府としては各種アンケート結果を基に【3】のような女性が諸外国と比較して多いと判断しているのだと思うが、20代後半くらいの年代になると皆年齢を多少なりとも意識して焦燥感をもっているのではないかと思う。

 ましてや仕事、結婚、妊娠出産、子育てなどご自身のキャリアパスについて真剣に悩み、色々勉強されている【1】や【2】に該当する女性から今回の“女性手帳”が反感を買うのは致し方ないところなのだろう。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする