トップ >  メイク・マネー >  産科医が垣間 診る“女性手帳”の中身

産科医が垣間 診る“女性手帳”の中身

 “女性手帳”問題がテレビのニュースで取沙汰された。安倍総理自身の発言ではないのが救いではあるが、「慰安婦」発言で大いに評判を落とした橋下大阪市長率いる日本維新の会に引き続き、今まで順調な滑り出しを見せていた安倍内閣も今度ばかりは世間にマイナス印象を与えてしまった感がある。

第3回会合で出た女性手帳

 卑近な例では 柳澤伯夫・元厚生労働相の“産む機械発言”しかり、妊娠、出産など女性の“性”が絡む繊細な問題に 男性が口出しをすると真意はとにかく、ろくな事がないようだ。

 “女性手帳”を弁護して女性を敵に回すのは御免だが、この国の少子高齢化を憂う一人の“オヤジ”産科医として自戒の念をこめつつ、その政策の内容を吟味してみようと思う。


女性手帳 産婦人科
森まさこ特命担当大臣(少子化危機突破タスクフォースより)
 そもそもこの“女性手帳”なるもの、どこから出てきたのか皆様はご存知だろうか。森まさこ内閣府特命担当大臣の下で、少子化対策を議論する内閣府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」が開催されており、その中で審議されている内容だ。

 初回の会合が今年3月27日であり、5月7日に第3回目の会合、5月28日に第4回の会合が開かれている。特に第3回目の会合で渦中の女性手帳による啓蒙活動が提案されている。

 次のページで、女性手帳が誕生した第3回目の会合の内容を詳しく診(見)てみよう。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする