トップ >  ニュース >  一般人が資産1億円を達成する3つの方法

一般人が資産1億円を達成する3つの方法

 今現在、30歳代の人が資産1億円を達成しようとしたら、どうすれば良いのか。相続税制が改正されることもあり、投資・マネー系雑誌では50歳代向けに相続の特集が組まれることも多いが、現実的にはそれをアテにできない30歳代も多いことだろう。ここでは、1億円達成して富裕層の仲間入りを果たすまでの方法を3つに分けて見てみることにする。

1、仕事で大成功すること
 ゆかしメディアで人気コラム「30代で年収3000万円を実現する方法」を連載中の竹内正浩さんの説明では、独立事業主となり、日夜努力を怠らずに頑張り続ければ、事業が軌道に乗り、30歳代で年収3000万円は十分に可能性があるという。

 自分が頑張った分だけ、すべて自分のものになる。こんな素晴らしいことは他にないが、もちろん、独立・開業のリスク
は覚悟しなければならない。

2、株、FXなどで大成功すること
 「1%」。個人投資家で1億円以上の資産を築いた人の割合は、実はこの程度だという。成功した個人投資家にたずねると、だいたい、そのレベルの数字になる。

 また、個人が、信用取引で市場から退場するのは2年くらいだとも言われている。このように激しい戦いが繰り広げられる市場では、常に新たな「カモ」を探しているのだ。ちなみに、昨年、投資助言会社アブラハム・プライベートバンクが、累積投資金額300万円以上の個人投資家1000人に行った調査では、7割が負けており、その損失額の通算は1人あたりベンツ1台分に相当するマイナス525万円となっている。

3、時間を味方にして複利運用
 投資でも短期で勝負すれば、結果はどちらに転ぶかわからない。しかし、長期で着実に積み立てを継続していくことで、リスク&リターンをコントロールしやすくなる。アブラハム・プライベートバンク提供の「いつかはゆかし」で、海外ヘッジファンドに毎月5万円を積み立てて、30年間年利10%以上で運用すれば、効率的に1億円を目指すことも可能となる。これなら、今の仕事も続けながら、投資で胃の痛い思いをせずに資産運用することが可能だ。

 ここでは以上の3つの方法論を挙げてみたが、結果的にどの方法を採用しても、勝ち組になればそれでいい。ただし、失敗が最も少ないのは、3番目に挙げた、時間を味方にして
複利運用する方法だろう。ここに資産1億円を達成する一つの答えがありそうだ。


関連記事はこちら
東大合格と富裕層、どっちが難しい?

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする