トップ >  メイク・マネー >  「東電病院を東電本社に」の仰天株主提案

「東電病院を東電本社に」の仰天株主提案

 26日に開催予定の東京電力の株主総会だが、仰天の株主提案がなされている。それは東電本店を売却して東電病院に本社機能を移せというものだ。どちらとも同社を代表する超優良資産の上に、売却価値の高い本店、売却が困難な病院の実情を踏まえており、注目を集めそうだ。

消えた本店売却プラン


慶応病院 東電病院 東電
東電本店
 東電は売却前の段階の簿価で、1兆2000億円以上の不動産資産を保有していた。まず、帝国ホテルの隣にある、東電本店(千代田区内幸町)はその中でも最も価値のある優良資産だ。路線価などを参考にすれば、400億円ほどになる。敷地面積5200平方メートル、地上15階、地下5階建てで、延べ床面積は 約6万平方メートル。

 福島第一原発事故が発生した一昨年2011年には、当時の西澤俊夫社長が、本店ビルを一時的に証券化して特定目的会社に売却する方法を検討している。ことを明らかにしたことがある。もちろん、こうしたプランが現時点では実際に陽の目を見ることがなかった。

 というのも、ビルの敷地内には、屋上の無線通信鉄塔などをはじめとして、通常のオフィスビルにはない特殊な設備構造となっていることもある。電力会社ならではのもので、電力の安定供給の拠点基地の役割を行うためだ。

 いくら一等地とはいえ、売却をする意思はないようだ。だが、それ以上に東電病院(新宿区四ツ谷)はやっかいな存在でもある。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする