トップ >  メイク・マネー >  「東京大油田計画」に挑むユーズ

「東京大油田計画」に挑むユーズ

 「東京を油田にしよう」──。そうした壮大な夢の実現を事業目標に掲げているのが、墨田区八広に本社を構える「ユーズ」だ。

社長の父親はバイオディーゼル燃料開発の有名人


ユーズ
ユーズの染谷ゆみ社長(中央)
 社長の染谷ゆみさんの実家は、祖父の代からこの地で廃食油のリサイクル工場を営む染谷商店。「各家庭から出る廃食油を回収して、バイオディーゼル燃料に再生することで、循環型社会への移行を推進していきたい」との思いを募らせ、染谷社長は1997年に染谷商店から分離・独立する形でユーズを設立した。

 実は染谷商店は国内のバイオディーゼル燃料の開発でパイオニア的な存在なのだ。92年の年末に、米国で大豆から作ったバイオディーゼル燃料を利用しているとの新聞記事を読んだ父親の武男さんと一緒に廃食油で同じように再生ができないか実験を開始。翌年6月には実験プラントによる試作品が完成し、バイオディーゼル燃料を100%使用したトラックでの走行実験にも成功する。そうしたことが新聞やテレビで報道され、染谷商店の名前が全国に知れ渡るようになった。

 「当社のBDF(Bio Diesel Fuel)もVDF(Vegetable Diesel Fuel)も同じバイオディーゼル燃料で、両方とも染谷商店が商標登録を行っています。ただ『植物の燃料』といったほうが私たちの思いを表しており、商品名としてVDFを用いることにしました。またVDFの再生プラントの技術でいくつもの特許を取得しています」と染谷社長は語る。

 いま国内で廃棄されている廃食油は年間約40万㌧。このうち約25万㌧は飲食店や食品関連企業から回収され、染谷商店をはじめとするリサイクル工場で肥料や塗料などに再生されてきた。しかし、家庭から出る残りの15万㌧の廃食油は、固めてゴミとして捨てられることが大半だった。そして、そのVDFへの再生事業にいち早く取り組んだのが染谷社長で、2007年からは「TOKYO油田2017」のプロジェクトを始動させている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする