トップ >  クオリティライフ >  栄光Vs.進学会、今年は一転して態度軟化か?

栄光Vs.進学会、今年は一転して態度軟化か?

栄光社長の報酬は「高すぎる」

 栄光、進学会、増進会の三社会を毎月持って話し合っていたものの、この関係もすぐに崩れてしまった。

 進学会によると、栄光は簿価純資産8000万円の企業を6億円で買収しようとしていたが、この企業が増進会社長が個人的に3500万円の融資を行うなど、半ば私的なものであるというのだ。さらに、近藤氏は報酬アップを毎回のように切り出してきたことも、両者の溝を深めることに。

 近藤社長の年収は約7200万円。塾業界関係者は「上場企業といっても、業界によって違います。1億円以上もらうにふさわしい業績を出したり、ふさわしい企業規模であったり、ということになりますが、我々の業界で、近藤社長の年収は平均の3、4倍にあたります」というのだ。他の取締役についても30%の増額を要求したそうだ。

 こうなると、過去もあぶりだされる。

 栄光は11年3月に本社ビルを15億円で購入しており、この事実も隠した上で、株の取得を要請していたことも昨年に判明した。そのため、ガバナンス強化のため、進学会と増進会からお互いに役員を派遣しようということで共同提案で話がまとまった。

 しかし、昨年の株主総会の直前になり、業務提携関係も一方的に破棄。栄光は増進会との共同歩調を取ることになった。総会では進学会側は「議決に疑義あり」として、議決権行使書の閲覧を要求するなどしていた。

 戦いは激しくなっていくと思われたが、それに比べて今年の総会の提案は緩い。その一つには、学習塾業界の中長期的な展望が大きく影響しているようにも見られる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする