トップ >  ニュース >  木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング「中小ヘッジファンド蠢く日本市場」

木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング「中小ヘッジファンド蠢く日本市場」

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、「週刊ダイヤモンド」。数週間前には「経済ニュースを疑え」として株の特集を批判していたのにも関わらず、「賢い株の売り方&買い方」と来たところで、ちょっと半笑い。ただ、個人投資家の気持ちはよく汲み取っている特集ではあるという点で1位にした。

 ◆1位 週刊ダイヤモンド 賢い株の売り方&買い方
 先月、「経済ニュースを疑え!」という特集。「週刊ダイヤモンドが株特集を組むとなぜ株価はピークを打つのか」と自戒を込めて語られているが、今週いよいよその「株」特集を持ってきた。

 アベノミクス相場で昨年末以来再び株式投資に戻ってきた人たち、アベノミクス相場に乗ってみたら急落して含み損を抱えた人たち、20年来の塩漬け株をなんとか解消したい人たち。そんな、株式市場に何らかの形で参入している「悩める」個人投資家向けの、心構えを説く。

 第2特集の「日本を翻弄する海外ヘッジファンドの裏側」では、日本に投資もしたことがなく、首相の名前も知らない中小のヘッジファンドが、ガヤガヤと投資しているのが今の相場だということが分かる。

 ◆2位 日経ビジネス 農協支配の終焉
 「農協支配の終焉 こうすれば日本の農業は勝てる」として農協の現状と問題点を特集。TPPを機に国の主要政策に躍り出た農業だが、そのダイナミズムを阻害している存在が、農協になってしまっているのが現状ではないのかという問いかけの特集となっている。

 JAバンクの貯蓄総額は2013年4月時点で90兆円。みずほフィナンシャルグループと肩を並べる規模だ。それが農家の繁栄のための投資として有効に循環するなら意義あることだが、本誌で貸し出し内訳を読むと驚くのだ。住宅ローンがほとんどで、「農業資金はたったの3.8%」なのだ。

 ◆3位 週刊東洋経済 安倍政権の「正体」
 安倍政権は、アベノミクスで支持を集め、このままの勢いがあれば参院選も勝つだろう。そんな安倍政権を支える人たちと今後のシナリオを特集している。

 浜田宏一・米イェール大学名誉教授、甘利明・経済再生担当相、竹中平蔵・慶応義塾大学教授、牛尾治朗・ウシオ電機会長らそうそうたる支える顔ぶれのインタビュー集となっている。

 ◆4位 週刊エコノミスト 金利動乱
 株価同様、乱高下している金利。しかし、超低金利による「国債バブル」は終わりを迎えるかもしれない。日銀、そして黒田総裁の誤算があったと伝えるが、異次元金融緩和で行なわれた「長期金利を下げるためには長期国債を買えばよい」という理屈が間違っていたのだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする