トップ >  メイク・マネー >  アベノミクスに相場に乗れなかった残念な人のための10倍高を狙う株

アベノミクスに相場に乗れなかった残念な人のための10倍高を狙う株

 昨年秋からの4月までの日本の株価上昇はすさまじいものがあったが、5月の乱高下で儲け損なった人も多いことだろう。この先に関しても、まだまだ不透明だが、儲けの波に乗り損なった人のためにも、通算4度の10倍高(テンバガー)を達成し、タレント・小倉優子さんの株式投資の講師も務めた実績のある個人投資家・鮎川健さんに、「今からでも間に合う」10倍高も可能な銘柄を教えてもらうことにした。 
   

昨年から2倍を3銘柄

 まずは、以下に鮎川さんのアベノミクス相場による戦果を挙げてもらった。

注目日 コード 銘柄名   当時株価 その後最高値 上昇率
●9/5  8115 ムーンバット 140円→215円  53.4%
●11/16 1807 佐藤渡辺   162円→434円 167.9%
●12/13 6837 京写     181円→415円 129.3%
●12/27 7760 IMV      172円→390円 126.7%
●12/28 8074 ユアサ商事  154円→219円  42.2%
● 2/18 1984 三信建設工業 179円→247円  38.0%


フェラーリヴェルリネッタ
 地合いが良かったとは言えども、実に6銘柄中3銘柄で2倍以上を達成している。さすがは、過去に4度10倍高を経験し、マイホームとフェラーリをキャッシュで購入した経歴を持つ凄腕の投資家だ。

 「昨今の地合いでしたら値上がりするのは当然としても、注目銘柄の上昇パフォーマンスにかけては、数多のプロのアナリストを抑えてアマの私が圧倒的な実績です。低位株が、そして私の着眼点の正確さがこれでご理解頂けるかと思います」

 167.9%と最もパフォーマンスが良かった佐藤渡辺(1807)は、不人気の建設銘柄がひしめく証券コード1000番台からのピックアップ。業績の上方修正や、安倍内閣が打ち出した国土強靭化計画に乗って株価も上昇したのだが、鮎川さんのチェックポイントで絞れば簡単だった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする