トップ >  ニュース >  【相続】非嫡出子の相続既定の見直しも(最高裁大法廷)

【相続】非嫡出子の相続既定の見直しも(最高裁大法廷)

 相続の遺産分与の際に、非嫡出子が嫡出子の2分の1とする民法上の規定が憲法上では違憲か合憲かが問われた遺産分割審判の特別抗告審が10日、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)で弁論が午前、午後の2件開かれ、双方が意見を述べた。過去平成7年に大法廷は合憲との判断を下しているが、見直されるのではないか、との見方もあり注目されている。

 民法900条4号によると、結婚した男女間の嫡出子については、兄弟、姉妹で遺産の相続は平等になっているが、結婚外の男女の間に生まれた非嫡出子は、嫡出子の2分の1と規定されている。平成7年7月の大法廷の決定でも合憲ながらも、裁判官によっては否定する意見を出していたりしていた。

 この日午前行われた審理では、東京都の男性が「不利益は相続に限るものではなく、少年期より不当な目で見られ、精神的な精神的な不利益をこうむる」などと主張した。

 また、「国連の児童の権利に関する条約には児童が出生によって差別を受けないとする趣旨の規定がある」とした。

 弁護人は、欧州ではすでに生まれた児童はすべて平等であるとして、残されていたフランスが平成13年に非嫡出子にも平等に認めることを決め現在にいたっている事例などを挙げた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする