トップ >  ニュース >  「マッキンゼー・マフィア」とは、木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

「マッキンゼー・マフィア」とは、木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、4誌ともに異なる特集となったが、「鉄道新発見!」を取り上げた週刊ダイヤモンド。テーマ自体は鉄道だが、鉄道と街を組み合わせ、消費という観点から見ている。

 ◆1位 週刊ダイヤモンド 鉄道新発見!
 7月31日で渋谷東急本店のデパ地下の象徴であるスーパーの紀伊国屋が閉店となる。なぜだと考えていたら、この特集で気がつく。渋谷を素通りして、新宿伊勢丹に行くようになったのではないか、という思いにさせる特集「鉄道新発見!」だ。

 東横線と副都心線が繋がって4カ月。渋谷の駅構内を右往左往する人もだいぶ見かけなくなった。しかしながら、どうやら鉄道を中心とした街の変化はまだまだ始まったばかりのようで、その辺りの最新情報を読み取ることができる。

 ◆2位 週刊東洋経済 マッキンゼー学校 最強メソッド&全人脈
 マッキンゼー出身者の活躍が目立つ。古くは大前研一氏、南場智子氏、茂木敏充経産相しかり。「マッキンゼー学校 最強メソッド&全人脈」が第1特集。

 「マッキンゼー・マフィア」と呼ばれるらしいが、その相関図が壮観。国内では1971年の支社設立来まだ「卒業生(これを社内的には"アルムナイ:alumni=卒業生、OB・OG"と呼んでいる)」は1000人未満というのに、見開き2ページにわんさかいる。近年起業家が多いのもたのもしい。

 ◆3位 日経ビジネス 爆発する日本食経済圏
 日本の大衆食が外国で普通に受け入れられているが、そのブームの裏側をのぞく。海外の日本食レストラン数は、わずか3年で2倍近くに増加。寿司だけでなく、ラーメン、カレーなど「低価格」な「大衆食」もウケ、裾野はどんどん広がっている。現在、海外で5万5000店舗。その8〜9割を経営するのは日本人以外だ。イタリアでもフランスでも韓国でも中国でも、好きでよく外食する外国料理の1位が「日本食」。もう上から目線で「正しい日本食とは」などと言っていられない。

 ◆4位 週刊エコノミスト 新興国投資の終わり
 先週、「新興国から米国に逆流するカネ」と題して、一連の動きを分析した。特に中国を中心としたシャドーバンキング問題などを取りあげたが、今週は新興国投資について。ハイリターンを声高にうたい新興国投信が売られてきたが、どれも総崩れ。ここ1カ月のファンドの運用成績ワースト50を「通貨選択型」、「株式」、「債券」、「コモディティ」別に表組で列挙している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする