トップ >  クオリティライフ >  年収1000万円以上の男性は「おひとり様」率高い

年収1000万円以上の男性は「おひとり様」率高い

 2、30歳代の男性では、年収1000万円以上になると既婚率が下がることが、国土交通省が先日発表した「国土交通白書」で明らかになった。また、女性でも同様の傾向が見られた。年収1000万円未満までの階層では既婚率が上がる傾向にある。

 同白書によると、未婚率そのものは、1970年代後半から上昇し、2010年時点で、20代後半男性で71.8%、30〜34歳で47.3%、35〜39歳で35.6%、女性の25〜29歳で60.3%、30〜34歳で34.5%、35〜39歳で23.1%となっている。

 50歳時点で一度も結婚をしたことのない者の割合を示す生涯未婚率も上昇傾向。特に90年代以降に大きく上昇し、2010年時点で男性は20.1%、女性は10.6%となった。今後更に上昇するものと考えられ、2030年には男性でおよそ27.6%と3.6人に1人が、女性で18.8%とおよそ5.3人に1人が生涯未婚と見込まれている。

 男性20、30代の婚姻状況は次のとおりとなる。

          既婚  交際経験なし

1000万円以上    27.9%  2.3%
800~1000万円   44.0%  10.0%
600~800万円    35.1%  11.3%
500~600万円    36.3%   9.7%
400~500万円    32.1%  10.3%
100万円未満     1.3%  38.8%
収入なし       2.8%  55.9%

 年収が800万円までのレベルでは既婚率が高くなる傾向にある。しかし、1000万円以上になると逆に27.9%に下がる。ちなみに女性の場合でも同じような傾向が見られ、500~600万円の既婚率26.0%に対して、600~800万円は15.4%に下がる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする