トップ >  メイク・マネー >  CM拒否られたパナソニック、民放のありえない言い訳

CM拒否られたパナソニック、民放のありえない言い訳

 民放各社に拒否されたパナソニックのテレビCM問題。「歴史に残る出来事になる」と予測する声が出ている。パナが春に発売したテレビ「スマートビエラ」のCMで、起動時に放送とネットを同時に表示でき、民放各社は「視聴者が放送番組とネットを混同する」として、“ルール違反”だと拒絶した。そのCMをパナはWEB限定として自社サイトやネットポータルサイトで利用を開始、テレビ広告を見切った。「テレビ放送とテレビ受像機メーカーの蜜月は過去のものになった」(電機メーカー関係者)のかもしれない。

スマートTVを許さない日本?


パナソニック
パナソニック公式サイトより
 巨額の広告費を使うパナのCMを放送業界が拒否することは「驚きの出来事」だと、新聞各社が報じたのは7月上旬。問題になったのは、4月下旬に売り出した「スマートビエラ」シリーズのテレビCM。テレビの起動画面に、放送中の番組だけでなく指定しておいたネットの画面を並べることができる。ネット世代には、「あって当然のテレビ」に見えるが――。

 放送とネットを融合する「スマートテレビ」は世界で広がっている。韓国では当たり前に売られているし、グーグルも虎視眈々とねらっている分野。だが、民放各社は、パナのテレビが放送局と家電メーカーでつくる電波産業会の運用規定に違反しているとした。「テレビ起動時にはテレビ映像を画面全体に映すことが望ましい」とする規定で、視聴者が番組とネットとを混同しないようにするためだという。

 放送は公共の限られた電波を使用するので、放送局は国の認可が必要であり、番組内容は「放送倫理検証委員会」によってチェックされている。「ネットの世界はいい加減なものも多く、テレビ放送と同じ画面に混在することは危うい」とあるテレビ業界関係者はいう。

 一理あるが、今回の一件で放送各社は大口広告を自ら締め出し、広告費をWEBに取られてしまった。かつて、テレビ放送の合間にテレビ受像機のCMを流すという放送とメーカーとの共存関係が崩壊したことを印象付けた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする