トップ >  ニュース >  木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

 今週の1位は相場の影の主役であるヘッジファンドを特集した「週刊ダイヤモンド」だった。世界のヘッジファンドが日本の経済誌のアンケートに答えるという画期的な企画を盛り込んだ特集だ。週刊エコノミストが先週、取り上げた「機関投資家の正体」よりも出色のデキとなっている。

 ◆1位 週刊ダイヤモンド ヘッジファンドが仕掛けるバブル相場
 つい2、3年前には日本では謎の集団扱いされていたヘッジファンドだが、顔が見える存在になってきた。

 「海外ヘッジファンド 総力アンケート」は、パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズと組んで大手ヘッジファンドなどに直接アンケート調査を実施したもの。120社に発信し、48社からの回答を得たという。通常は広報対応を行うことが少ないだけに、日本の株式市場への関心度の高さがうかがうことができる。

 ◆2位 週刊東洋経済 住んで損する街 得する街
 人口減と高齢化で自治体に体力がなくなってきている中で、住む側が選ぶ時代に突入している。住民側からみた行政サービスという観点から街を評価する特集だ。わが街がどういう評価なのか、誰しも興味あるところだろう。

 たとえば「あなたの街の医療・介護は大丈夫か」では2030年を予測。大都市だから医療・介護が有利ということではないらしい。その他にも、財政ランキングや行政サービス比較などランキングもある。

 ◆3位 週刊エコノミスト 食える弁護士、食えない弁護士
 今年4月に同誌は「食えない税理士・会計士」を特集。日経ビジネスが行っているビジネス弁護士ランキングとは違うやり方で、チェンバース&パートナーズによる調査で、新たに格付けをしている。

 「こんな弁護士は要注意」という誌上座談会も今と昔がよくわかる。「裁判は6対4で勝てればいい」などというベテラン弁護士は、今の時代は絶対に負けるのだとか。また、4大法人によくあるタイムチャージ料。これにグチをこぼすクライアントが意外と多いあたりも、納得だ。

 ◆4位 日経ビジネス 安倍晋三
 表紙はボクシンググローブをはめた安倍首相のイラスト。他のメディアでも珍しい、けっこうストレートな安倍晋三特集だ。

 2006年の退陣後から気付いた反省点や教訓を安倍晋三自身が綴ったもの。この6年間、ことあるごとに読み返しているらしい。その反省項目の一つに、大きな政策には時間がかかってしまうということで、実現可能なことから実績を上げていくという方法に変えたそうだ。

 その一つが異次元の金融緩和政策による株高の演出だろう。そして、最終的には大願であった憲法改正に辿りつきたい、というところか。いずれにせよ、「ねじれ」の言い訳がなくなったこれからが正念場だ。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする