トップ >  クオリティライフ >  富裕層純度100%、新閨閥「慶応ニューヨーク学院」

富裕層純度100%、新閨閥「慶応ニューヨーク学院」

授業料減免の制度もある


 慶應NY学院は9年生(日本の中学3年に相当)と、10年生(日本の高校1年生に相当)でまずは2年チャンスがある。仮に「一浪」しても翌年受かれば「現役」だ。さらに、年間でAO2回、一般1回と3回の受験機会があるために、合計6回のチャンスがあるということだ。

 もちろん米国の学校なので英語力が必要なのは言うまでもないが、レベルとしては英検準2級程度で大丈夫だそうで、前出OBによると、NY学院出身者も試験は簡単だったと語っていたそうだ。

 ただし、国内の慶應と決定的に違う点はサラリーマン家庭の子供がいる日本の付属校とは違い、富裕層の純度はほぼ100%に近づく。年収1000~1500万円レベルのアッパークラスでも厳しく、やはり本当の富裕層向けというところだろう。

 医師の和田秀樹氏が自身のブログで2009年に以下のように、NY学院について書いている。

 一行目から「ちっとも耳寄り情報ではないが、慶応大学に事実上無試験で入る方法がある」と書き出して、NY学院の話題に触れている。

 「幼稚舎から上がる学生、ニューヨークから来る学生、推薦やAO組の学力が低く、経済学部でも数式を書いた途端に授業を聞かなかったりノートをとらなかったり
する学生が相当数いるそうだ」と現状を嘆いている。そして「ショーバイも大事かもしれないが、もう少し大学の格というものやあるべき姿を考えるべきだろう」と大学側の姿勢についても問題投げかけている。


慶応義塾大学
慶応義塾大学
 もちろん、富裕層の間でも、子供の教育に対する投資については、高い学費をかけるかどうかに賛否両論はある。ただし、新たな選択肢として注目が高まっていることは確かで、入試の競争率も以前は1倍を少し超える程度だったが、最近では2倍になることもある。

 ちなみに、授業料減免に関する奨学制度が受験生を対象に存在し、選考基準としては「経済的に就学が困難で、かつ学業および人格とともに優れていること」とある。
「アラタニ財団日経日本人奨学金」「倉岡・芦刈・青木奨学金」「慶應義塾ニューヨーク学院奨学金」などの奨学金もあり、一般にも門戸は開かれている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする