トップ >  クオリティライフ >  富裕層純度100%、新閨閥「慶応ニューヨーク学院」

富裕層純度100%、新閨閥「慶応ニューヨーク学院」

 米国の慶應ニューヨーク学院がここ数年で話題に上るようになってきた。とは言っても一般にはまだ広く知られる存在ではないが、慶應義塾OBや、富裕層の間ではちょっとした有名な存在になっている。

もうNYに行くしかない

 「週刊女性」(8月13日号)で気になるスクープ記事が出ていた。大物女優の黒木瞳さんの長女が、慶応ニューヨーク学院に合格したと報じている。長女は昨年、日本の青山学院中でのいじめが明るみに出たこともあったが、そのまま残る道もあるが、わだかまりを残したまま進学することを考えれば良い選択ではなかっただろうか。

 黒木さんがこうした進路を知っていたかどうかはともかく、米国の慶應NY学院から、日本の慶應義塾大へ、という進路は富裕層たちの間ではここ数年でメジャーな進路の一つになっていた。

 東証1部上場企業管理職のある慶應OBは「以前に塾生で集まった時に、子供が幼稚舎受験に落ちて、中学も落ちて、『もう、NYに行くしかないな』という話をしていた塾生もいました」と話す。


慶応ニューヨーク学院
慶応ニューヨーク学院のHPから
 慶應NY学院とは1990年創立で、もともとは海外赴任、もしくは在住の日本人子弟のための学校。前出のOBが言うように、慶應幼稚舎の受験に失敗した後に、慶応入りするルートの一つとして検討されるようになったり、また、海外生活が長い子供で日本復帰のための一つの策としても検討されるようになっていた。

 そうした現状をリポートしたのが、「週刊文春」(8月1日号)の特集「チャイルドフライトに群がる富裕層」だ。ここに出てくる学校は、慶応NY学院のほかに、早稲田渋谷シンガポール、立教英国学院の3校。学費はいずれも高く、年間で400万円前後。他にも寄付金なども必要となるために、およそ日本の私立でも考えられないほどで、まさに新手の「富裕層ビジネス」だ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする