トップ >  ニュース >  ドラッケンミラーの再来? ソロスの下からまた30歳代のスター誕生か

ドラッケンミラーの再来? ソロスの下からまた30歳代のスター誕生か

 昨年暮れから、米ヘッジファンド業界の大物たちによるハーバライフ株を巡る取引で、ジョージ・ソロス氏の運用会社ソロス・ファンドマネジメントが新たに参戦していることが2日までに米CNBCの報道で判明した。ポジションを決定したのは、35歳のポートフォリオマネージャー、ポール・ソーン氏(Paul Sohn)で、新たなスターの誕生した。

師匠は39歳で伝説のポンド売り

 ハーバライフ株を巡っては昨年、ダニエル・ローブ氏のサードポイントが「買い」、ダニエル・アックマン氏のパーシング・スクエアが「売り」。さらには、カール・アイカーン氏のアイカーン・キャピタルが「買い」だった。


ソロス ヘッジファンド ハーバライフ
ハーバライフの株価(ロイター通信より)
 同社株は、売り方のアックマン氏が昨年末に一大キャンペーンを張ると、40ドル台後半で推移していた株価は1株あたり24.24ドルまで下落した。ところが、今年に入ってアイカーン氏が参戦したことが判明し、さらに買収までちらつかすと株価は回復し、その間にローブ氏は利益確定。その後、7月に入ってから株価は急伸していた。結局、8月1日の場中の最高値は1株=67.45ドルになっている。

 ソロス氏は1992年の英中央銀行へのポンド売り浴びせが伝説のトレードとなっているが、この時、同職にあって投資を決めたのが、スタンレー・ドラッケンミラー氏だったが、同氏はポール・ソーン氏の師匠にもあたる。

 その時、ドラッケンミラー氏は39歳。独立後も年利30%以上を叩き出してきた不世出のヘッジファンドマネージャーとなった。ソーン氏にも将来は、その期待がかかる。では、このソーン氏とは何者なのか?
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする