トップ >  ニュース >  老後生活費、上流家庭と下流家庭は「子供に期待せず」

老後生活費、上流家庭と下流家庭は「子供に期待せず」

 8月に入り学校が夏休みとなったことで、日中、子供と過ごす時間が増えている人が多いことだろう。その子供に自分の老後を頼ろうとする親が、上流と下流には少ないが、中流には意外に多いことが、金融広報中央委員会がまとめた「家計の金融行動に関する世論調査」(平成19~24年)で、分かった。

 学校にも通わせてやったし、メシも食わせてやった。それに、家にも住まわせてやった。せめて、老後くらいは恩返ししろ。年収750~1000万円で5.5%、年収1000~1200万円で6.1%、がそのように答えているのだ。

 逆に、1200万円以上は余裕が生まれるのだろうか、2.0%とかなり低い。また、500万円~750万円の世帯も2%と、子供に期待していない。詳しいデータは次のようになる。

◆老後の生活資金源
          金融資産取り崩し 利子配当 不動産収入 子供から援助
       
・1200万円以上     50.0%     9.2%  16.3%   2.0%

・1000~1200万円未満  39.4%     2.3%  4.5%    6.1%

・750~1000万円未満   37.0%     1.4%  10.3%   5.5%

・500~750万円未満   32.3%     2.5%  6.3%    2.9%
(複数回答)

 また、公的年金をどれくらい生活資金源と考えているか(下図参照)というと、収入が上がるほど依存割合は減少するものの、全階層で70%を上回っており、依然として当然もらえるものである、との認識の甘さが見てとることができる。

・1200万円以上    77.6%
・1000~1200万円未満 79.5%
・750~1000万円未満  79.1%
・500~750万円未満  81.5%

 しかし現実として公的年金に期待するのは困難だと気がついている30代40代の多くは、「自分のことは自分で」と毎月5万円を積み立てて30年間で1億円を貯める「いつかはゆかし」(投資助言会社アブラハムの積立サポートサービス)を始めるなど、 老後の生活資金源を確保しようとの動きが出ている。

 公的年金にプラス自分の子供の援助を頼っていいものかどうか。自分たちの子供の世代は公的年金が維持されているのであれば、負担額もかなり大きくなっていることだろう。その上にまだ子供の援助をアテにするのは、非現実的だ。やはり、子供を当てにせず、自分年金を今から自力で用意する必要がある。「子供に心配をかけない」。そんな親としての気概が問われる時代だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする