トップ >  ニュース >  「新富裕層vs国家 富をめぐる攻防」で再燃の税論争

「新富裕層vs国家 富をめぐる攻防」で再燃の税論争

 フェラーリの集団が爆音を立てて猛スピードでかけていく。

 これは、シンガポールの富裕層たちが趣味で集ったフェラーリの集まりで、マレーシアに朝食にラーメンを食べに行くシーンなのだという。映像の演出上で見栄えのするシーンだ。

 18日放送のNHKスペシャル「"新富裕層" vs.国家 ~富をめぐる攻防~」の冒頭のシーンで、番組の内容が話題を呼んでいる。

年間390億円の税金の取りっぱぐれ


シンガポール
シンガポール
 大まかな内容としては、シンガポールに暮らす日本人新富裕層やアメリカの新富裕層の動きに密着し、世界経済にどのような影響を及ぼすのか、富を再分配し社会の公平性を守る国家とはどうあるべきなのか、探っていく、というものだ。

 例えばシンガポールでは、個人投資家A氏が紹介され、冒頭のフェラーリを運転するのはA氏。大学卒業後、外資系金融会社に就職し、20代で1億円以上の年収を得るまでになったという。9年前に、会社をやめてシンガポール移住。その理由としては「もっと大きなビジネスをしたい」と考えたからだという。

 株式取引は、日本では来年度から利益の2割に税金が課せられるが、シンガポールでは無税。運用の環境で雲泥の差がある。結果から見れば、シンガポールの富裕層誘致の政策に、日本が負けているということでもある。

 船井総研の調査では、シンガポールなど4国だけで年間390億円が失われているという。ただし、実態はそれ以上とも考えられている。

 この金額は、中規模レベルの自治体の年度予算に相当する規模でもあり、国が関心を示すのも無理はない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする