トップ >  ニュース >  「新富裕層vs国家 富をめぐる攻防」で再燃の税論争

「新富裕層vs国家 富をめぐる攻防」で再燃の税論争

本当は気持よく払いたい?

 2015年度からは所得税、相続税の最高税率の増税が始まるが、番組の最後には政府の税制調査会の「透明性をさらに確保する」ことで納得をしてもらうということを紹介していたものの、すでにもう報道などで税金の無駄遣いの実態は明らかされており、透明性が説得材料にはなりえないだろう。現状では、答えはないということでもある。

 最初に登場したA氏が「(シンガポールは)成功している人はケタが一つ違う」として、新たなビジネスの挑戦の場として選んだことも明かしている。

 仮にこれがサッカー選手なら、日本のJリーグでなく、やれ欧州挑戦だという論調になる。しかし、ビジネスでの海外進出になると、話が別になってしまう。もちろんサッカー選手も所属チームの国で税金を納めることになるのだが、なぜか文句は言われない。こうした世論の矛盾も現実にはあふれているのだ。

 また、放送では触れられていなかったが、居住理由を「税金」と言わない富裕層も現れている。「子供の教育」として、海外脱出を行う人もいるが、これなどはすでに将来を見据えた子供に日本以外の居住候補を提供していることでもあり、すでに富裕層は今後の何世代にも渡る流れを作っていると解釈できなくもない。

 「金ができると払うのが惜しく感じた経験はある。だから節税するために、逆に変な投資詐欺に引っ掛かったこともある」(40代社長、大阪)という本音を聞いたことがあるが、「(税金は)いくら払ってもいいが、無駄遣いが多すぎる。例えば生活保護の審査がなんで外国人に甘いのか」(同)という厳しい意見もある。

 エイベックス・グループ・ホールディングス創業者の松浦勝人CEOが先日、フェイスブック上に意見を展開し、「僕は日本が大好きだが、日本は僕らを嫌いなようだ」などとしている。

 みな本来は気持ちよく払いたいが…というのが本音だろう。この論争の答えはいっこうに出そうにない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする