トップ >  クオリティライフ >  7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

10億円で買った土地がすぐに15億円に

 地上げやビル建設を生業にする不動産デベロッパーは、地場のヤクザや権利をたてに無理難題を言い立てる住民との交渉を、えげつない手段を使ってでも、いかに早くうまくこなすかが成功のカギを握る。汚れ役を引き受ける成り上がり不動産業者への融資は、大手銀行に代わって、大手商社やのちに問題となる住専(住宅金融専門会社)が引き受けた。

 朝日住建は伊藤忠商事をバックにつけて、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。80年代末、キタ新地の高級バーで松本と飲んでいると、30分ほど中座する。戻ってきた松本は「30億で地上げの話がつきました。先生、5000万で契約書をお願いできますか」

 10億円で買った土地がすぐに15~20億円になる時代だ。

 「そんな無茶な報酬は受け取れんよ」

 「ほなら、契約の立ち合いということで」と、田中は数百万円のカネを得る。こんなことは日常茶飯事で、クラブの帰りに御車代として1000万円受け取ったことも数回ある。

 「領収書のない裏金を蓄財して、脱税なんてことになったらかなわんから、飲み屋でパッと使う。アベノミクスといっても、今は接待交際費の用途も、税金でがんじがらめだから飲み屋は潤わない。バブル時代は税務署もうるさくなかったからみんなにカネが回った」

 しかし、中には筋金入りのドケチもいた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする