トップ >  クオリティライフ >  7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

すべての人に札束入り茶封筒を配る

 「彼の経営するノンバンク、ECC(イージー・キャピタル・アンド・コンサルタンツ)の会長室の机の引き出しの中には、100万円や50万円、20万円入りの茶封筒がいっぱい詰まっている。当時、60代のステッキをついた貫録あるオッチャンは、芸能人もマスコミの人間でも訪ねてくる人には全員、現金入りの茶封筒を配っていた」

 定期的に上京すると、ホテルオークラの広さ107坪もある別館最上階のインペリアルスイートルームを4、5日間貸し切る。そこは安倍晋太郎や竹下登のような政治家の秘密の会談の場所となった。貧乏のドン底から成りあがった中岡は、字もろくに読めなかったが、最も優秀な頭脳集団といわれる大蔵省の幹部連中や、高級官僚も中岡が貸切るオークラの最上階に勉強会と称して集まった。

 中岡の経営するECCは93年に破綻、拓銀の系列ノンバンクからの借入金、2000億円が焦げ付き、拓銀破綻の大きな原因となった。

 「中岡には使途不明金が350~370億円あった。オッチャンは政治家や官僚をはじめ、いろんな人にタニマチとしてカネをばらまいたわけで、具体的な見返りを期待したわけではない。領収書なども一切ない。使い道がわからんかったら事件にはならん。結局、中岡信栄は捕まらずにすんだ」

 バブル紳士は貧困や被差別体験をしたものが少なくない。そこから脱出できたカネの力に信奉したがカネの使い方はわからない。ひたすら儲け見せびらかし、ひたすら蕩尽した。

 「バブルが崩壊するとは、総理大臣も日銀の総裁だって思っていない。戦争を挟んで先達たちが苦労したことが実を結び、もっと大輪の花を咲かせる。土地も株も美術品ももっと上がると日本中の誰もが信じていた」

 自分も含め狂っていたとしか言いようがない。田中森一はバブルの時代をそう振り返る。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする