トップ >  クオリティライフ >  7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

7億円の移動用ヘリを買った新人弁護士「闇の番人」田中森一(3)

 田中森一がヤメ検として、大阪市内に法律事務所を開設したのは88年初頭。検察庁の17年間の退職金が800万円だったが、事務所開きのご祝儀だけで、総額6000万円に達した。バブル経済がピーク時を迎える直前である。時流に乗った不動産業者、ヤクザ、株屋等がヤメ検としてのノウハウに期待し、田中の元に集まってくる。(敬称略)

7億円の移動用ヘリを購入する「新人弁護士」


ドバイ パームジュメイラ ヘリ
写真はドバイ、パームジュメイラのヘリポート
 弁護士開業1年目には、顧問先企業は優に100社を超え、顧問料だけで1カ月1000万円を超えた。年収は2億円ぐらいあった。節税対策に7億円のヘリコプターを購入した。顧問先のバブル紳士たちもこぞってヘリを購入し、ゴルフ場通いに使った。

 今、アベノミクスによるバブルなどといわれているが、日本が体験した本当のバブルとはどんなものだったのか。

 87年には東京都内の土地が87%も高騰、88年には県庁所在地の最高路線価が23.6%上昇した。バブル当時、不動産産業は花形で、中でも羽振りが良かった新進の不動産業者、「朝日住建」「末野興産」「富士住建」も、田中が顧問弁護士を引き受けている。田中が交際のあったバブルの紳士たちはこんな具合だ。

 「例えば朝日住建の松本喜造という社長は若い頃、山口組傘下の組員だった。ヤクザから足を洗い転身して、バブル最盛期の90年には業界第2位のマンション業者に成り上がった。たいしたもんだとわしは思ったね」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする