トップ >  ニュース >  いまさら東京は安全と言われても…、東電の幻の計画も明らかに

いまさら東京は安全と言われても…、東電の幻の計画も明らかに

 2020年の五輪開催地決定を前にして、政府がようやく福島第一原発の汚染水対策に乗り出す。東京電力も汚染水の海洋流出を認め、セシウムとストロンチウムの流出量は約30兆ベクレルという途方もない量で、地元の被災地はおろか、東京で働く3、40代の現役世代までなかなか胸中も穏やかではない。そんな折、「遮水壁」の計画を東電が1000億円以上の費用負担を理由に、取りやめていたと、民主党の海江田万里代表が明らかにし、波紋を呼んでいる。

 2011年当初の福島第一原発事故処理のロードマップでは、遮水壁は2014度には完成するという計画になっていたという。そして、6月には記者発表まで計画されていたというが、それは幻の計画に終わっていたのだ。

 海江田代表は「そのときの東京電力の考え方は、一貫して費用がかかり過ぎると。1000億くらいののことが言われていました。あるいはその1000億をさらに超える金額になるんじゃないだろうかと言われていて、その財源の問題で腰が引けていたことは事実であります」と理由を説明した。

 当時は首相補佐官の馬淵澄夫衆院議院を交えて政府と東電が協議を行っていたが、実現させるにはいたらなかった。費用とともに、技術的な懸念も少なからずあったようだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする