トップ >  メイク・マネー >  更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

開業医を受診する医者はいない!?

 厚生労働省の考えでは
【1】 まず開業医を受診し、そこでトリアージを行い
【2】 必要に応じて大病院を紹介する

 という制度にしようとしているようだが、ちなみに筆者自身病気になったとして診療所で受診しようとは思わない。なぜならその診療所の医師がどういったキャリアの持ち主でその診療内容がどのくらい信用できるのか、まったく予想できないからである。

 診療科さえ自由に標榜する事ができる日本社会において、誰からもフィードバックがかからない環境で勤務をしている開業医も少なくない。すでに時代遅れになった医療やあまり一般的ではない個性的な医療を十分な説明もなく行っている診療所も実際に存在している。

 もちろん一概に「診療所はレベルが低い!」などと失礼な事を言っているわけではないので誤解はしないで欲しい。内視鏡治療や不妊症治療などの高い専門性を売りにしている診療所もあれば、家庭医療に精通した医師が営む診療所も存在しており、尊敬できる医師も多くいる事を強調しておきたい。

 大病院にも診療所にも、「無気力ドクター」「コミュ障ドクター」「拝金ドクター」そんな問題ドクターはどこにでもいる。ただ医師の数も交流も多い大病院では医療の質を保ち得ても、診療所の場合は評価機構が全くないためにその開業医個人の資質に大きく依存する事になってしまう。

 そして非常に残念な事に実際の医療には関係のない外見的要素さえ取り繕ってしまえば上記問題ドクターを患者レベルで判断する事は一般的には非常に難しい。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする