トップ >  メイク・マネー >  更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

さらなる医療崩壊を引き起こす可能性も

 正直に話すと筆者の周りの勤務医の中には今回の制度を歓迎する声も少なくはない。朝の8時から夜の8時までひたすら外来をこなすのは心身ともに非常に堪えるのは事実だ。

 ただ一つ注意しておく必要がある事がある。

 今回の制度が導入されれば診療所を受診する患者が増え、開業医にお金が集まるシステムが助長される事が予想される。現在すでに存在する「大学病院<一般病院<開業医」 という収入格差が助長され、さらに大病院から診療所へ医師が流れる可能性も十分に有り得るのだ。

 つまり、患者を絞ったは良いものの今まで以上に地域の基幹病院で働く医師が少なくなり、命にかかわる疾患に対する専門的治療が滞る可能性がある。

 なお、筆者の個人的な感想としては、勤務医の労働時間は必ずしも患者数とは比例しない。むしろコメディカルの協力を含めたチーム医療の運営状況によるところが大きいと思っている。

 上記考察から、数千円程度の初診料の上乗せを強いる現在の制度の方が、多少の病院受診抑制効果も期待できつつ患者側にも選択の余地が残ってバランスが良いのではないかと考えている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする