トップ >  メイク・マネー >  更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

更なる医療崩壊の引き金!? ~大病院「初診料一万円」が孕む危険性

「今日 朝ズバッ!で大病院の初診料が一万円になるって言ってたよ!」
「じゃあ初診の患者さん来なくなるかなぁ」
「別に紹介状付きで来ても診療時間なんてあんまり変わらないけどねぇ」
「夜間の救外が楽になればそれは助かるけどね!」
「でもどうせ診療所は夜間空いてないしね。救外の初診料はどうなるんやろうね。」

 大病院の初診料を紹介状がなければ1万円に値上げ、との報道が出た日、わが医局でもその話題で持ちきりであった。勤務時間が短くなれば助かる、手術などの専門治療に集中したいといった肯定なものから、重症化してから来ても困る、むしろ診断が付いたあとの再診を診療所にお願いしたいといった意見まで様々な意見が飛び交っていた。

 

やや唐突にでてきた感がある今回の「初診料一万円」騒動


病院
 筆者自身大病院の勤務医ではあるが、今回の政策は何を真の目的としているのかピンとこない。初診を絞る事で本当に勤務医の負担が軽減されるのか、なぜ診療所を受診することが医療費の抑制に繋がるのか、本当に診療所なら費用が安いという事になると「やっぱり診療所だと十分な検査を受けられない!」という不信感を逆に煽ることにならないのか、色々疑問が沸いてくる。

 そもそも風邪の診療に時間を取られて、その他の患者の診療が十分にできないなんて事はまず有り得ない。診療に時間を要するのは、専門的な検査や治療が必要な患者さんなのだ。

 人手が足りない夜間の救急外来や、「薬の処方と世間話 (これが意外と長かったりする)」 を目的に病院に来る再診患者さんが減れば良いという思いはあるが、今回の政策は焦点が完全に異なる。

 やはり机上の空論の域を出ない印象を受けてしまう今回の政策について、その問題点を分析してみよう。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする