トップ >  ニュース >  ヘッジファンド手数料値下げ圧力も、高手数料の方が利回り良し

ヘッジファンド手数料値下げ圧力も、高手数料の方が利回り良し

 ヘッジファンド業界の二大報酬である「運用報酬」「管理手数料」が近年、危機に晒されている。実際に機関投資家から、条件交渉の要請があり、交渉で条件が変わった例が81%もあるという報告も出ている。ただ、その一方では、運用報酬は20%以上の高い方がリターンも良くなるという現象も実際に起きている。

 100億円、1000億円単位で投資する年金基金などの機関投資家にとっては、管理手数料1%でも大きな金額に相当する。そのため、ヘッジファンドの主な収益源は、運用の成功報酬とこれまではされていたが、必ずしも運用益が出せないこともあり、現在は管理手数料の重要度が増しているという。そのため解約については以前よりも神経質になっている事情があるのだという。

 英ヘッジファンド調査会社プレキンによると、投資家たちの間でここ1年間で改善したものは、運用報酬58%に対して、管理手数料が68%と上回った。高いリターンを叩き出した上での運用報酬であれば良いのだが、毎年のように1.5%~2%と管理手数料を取られるのを、痛手に感じているということになるのだろう。
 
 また、投資家の57%が管理手数料の減額をヘッジファンドに対して要求し、交渉の末に実に81%が成功したそうだ。

 米ウォールストリートジャーナルも「Hedge Funds Cut Back on Fees」として、こうした現状に触れており、管理手数料は全ヘッジファンドで505億ドル(約5兆円)に上るとしている。また、債券よりも株式の方が値下げ圧力が強いそうだ。

 その一方で、運用報酬は高い方がリターンも良好であるという結果も出ている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする