トップ >  ニュース >  Twitter権力闘争と失意の歴史

Twitter権力闘争と失意の歴史

 米SNSツイッターが12日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の申請手続きを行ったと発表した。2006年の創業から世界でも代表的なSNSに成長したが、その間に内紛が噴出。ようやく次のステップに移行できる状態に来たが、これまでを振り返ってみる。


ツイッター
左からウィリアムズ、ストーン、ドーシーの3氏
 まず、2006年7月に、ジャック・ドーシー、ビズ・ストーン、エヴァン・ウィリアムズの3氏で創業した。最初に言っておくと、ドーシー氏は役員ながら、カード決済サービスのスクエアを創業する二足のわらじ、ウィリアムズ氏もミディアムというSNSの会社を興している。そして、ストーン氏はすでに会社を去っている。何とも希薄な人間関係を感じさせる。

 元々は、オビアスコーポレーションの個人プロジェクトとして始まり会社化したのが同社。08年10月にウィリアムスがCEOに就任し経営にあたるが、ここからすでに危機が芽生えていた。

 米誌フォーチュンで取り上げられた記事でそのあたりが明らかにされている。

 その内容によると、秘密裏の取締役会、権力闘争、コーチ屋の過剰な介入などがあったのだという。コーチ屋というのはシリコンバレーでは有名人で、グーグルのエリック・シュミット氏らと関係が深いビル・キャンベル氏が強く介入してきたことで、2010年10月には、ウィリアムスは熱意を失っていたという。

 同12月に休暇に出かけ帰ってこずに1月も休暇。翌年の3月に、自身はマネジメントから離れることを明らかにした。10月になって、正式にウィリアムズがCEOを降り、ディック・コストコ氏が後任CEOになった。

 だが、2011年5月、CTOのグレッグ・パス氏が去り、6月に共同創業者ビズ・ストーン氏が会社を去った。

 すでに、2009年2月にドーシー氏はスクエアを創業。ウィリアムズ氏とストーン氏は共同でミディアムというSNSを展開するなど、もう心ここにあらずの状態だ。本当の意味での起業家が集まっていたのだろう。

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOがツイッターをライバル視して、よく動向を調べていたという。だが、いつの日にかその必要がない存在になっていた。

 だが、ここからまた巻き返しがあるかもしれない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする