トップ >  メイク・マネー >  みのもんた引退へ、セレブ一家崩壊は末っ子からの法則

みのもんた引退へ、セレブ一家崩壊は末っ子からの法則

 人気司会者みのもんたさん(69)が今後、報道番組への出演自粛を決めた。もちろん、原因は次男が他人名義のクレジットカードを所持していたとして窃盗未遂の疑いで警視庁に逮捕されたため。司会者として年収は優に10億円以上とも言われ、長男と次男をキー局に入社させ盤石な帝国を作り上げたかのように見えたが、またも「有名人がいる一家は、末っ子から崩れる」という法則が発動した模様だ。

仕事熱心だが、酒癖が悪い慶応ボーイ


みのもんた
みのもんた氏
 まず事件のあらましは、深夜に路上で泥酔していた会社員からキャッシュカードを盗み、コンビニのATMで現金を引き出そうとした、という。普段は警察から発表されるはずもない事件だが、日本テレビ社員、しかも、みのもんた氏を父に持つということで無視するわかにはいかず、一斉に報道された。

 おそらく、起訴されれば そのまま報道番組への出演は今後ないどころか、バフラエティ番組も次クールからは降板を余儀なくされることも、TV局の相場からすれば予想できる。

 その、みの家の次男は、長女、長男に次いで3番目の末っ子にあたる。

 みの家は、長女は自身の専属スタイリスト、長男はTBSに入社し営業から現在は制作でプロデューサーとして働く。また、次男は日テレでスポーツ報道で活躍していたという。TBS、日テレと「政略結婚」を行い、みの帝国の足元を固めたつもりだったのだろうが、その足元から崩されてしまった。

 日テレ関係者によると、次男の評判は「悪い印象は持っていないが」とした上で、「幼稚舎からずっと慶応で、局に入ってからも仕事は熱心にしていたと聞く。ただ、酒グセが悪い面があるようで、彼が飲み会に参加すると聞くと、欠席する人も出たりしていたようだ。ちなみに他局だけど、長男の評判は悪くないみたい」という。

 だが、実はこうした有名人がいる家庭では末っ子のケアーが難しいのだという。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする