トップ >  ニュース >  年収格差1000万円の実態 木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

年収格差1000万円の実態 木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

 今週の週刊経済誌ランキング1位は「週刊ダイヤモンド」。今週は各誌が「あやかり」特集を持ってきて、東京オリンピック、アップル、半沢直樹と並んだ。中でも、準備万端整えて充実した特集を組んだのはダイヤモンドで、何せ同誌には、半沢直樹シリーズ第4弾の「銀翼のイカロス」が連載中で、この優位性をフルに活かして「半沢直樹はどこにいる?」という
サブタイトルをくっつけて銀行特集を組んだ。

 ◆1位 週刊ダイヤモンド 頼れる銀行 頼れない銀行
 半沢直樹シリーズ最新作「銀翼のイカロス」を掲載中の同誌が「半沢直樹」を特集の随所に絡めてきた。タイトルは「半沢直樹はどこにいる? 頼れる銀行 頼れない銀行」――。

 銀行業界を暴きだし、「倍返しだ」と言わんばかりの特集。「付き合いたい銀行・付き合いたくない銀行」や「銀行マンの著しいレベル低下」など、赤裸々なタイトルが並ぶ。銀行に就職が決まった学生は「勝ち組」と評されるだろうが、実はドラマ以上に過酷な実状が見えてくる。50歳で事実上の定年となるのが、業界暗黙ルール。同期前後で執行役員が出ると、他は出向。減点主義から生まれる格差は、年収差1000万円。では業務は、融資や再建といった力強いものなのか?

 第2特集は「冠婚葬祭互助会の危機」。取材開始から8カ月以上にわたる攻防の末に、初めて業界の財政的危機の実態を世に問うた力作。

 ◆2位 日経ビジネス 五輪経済予測30
 「五輪経済 予測30」では、予測の第1番は「"第4の矢"登場でアベノミクス加速」。ここでは、竹中平蔵氏の言葉が引用される。

 「五輪誘致による直接的な経済効果はそれほど大きくないだろう。しかし、アベノミクスとの相乗効果により、経済成長への追い風となるのは間違いない」と。もてはやされ始めた「アベノリンピクス」はその代名詞となるのか。あとは技術面、制度面、ビジネス面などの予測。

 ◆3位 週刊エコノミスト 2013年度下期経済総予測
 過去のデータから見ても五輪は株価の上昇や経済効果も期待できる。しかし、いつもながら日本は大きな問題を抱えている。下半期、日本経済はどこへ向かうのか。アベノミクスを阻害する各方面に存在するリスクを検証する。

 ◆4位 週刊東洋経済 アップル再起動&電子部品サバイバル
 アップルが、iPhoneの後継機種を発表。しかし、どうやら市場の期待を超えられるものとは言えなかった。 「アップル最大のミスは、ジョブズを死なせたこと」。ジョークではあるが、いや、真剣にそう思っているアップルファンは多い。アップルの可能性とアップルの部品を担う日本メーカーの生き残り策をレポートした。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする